上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

9月の中旬からGoogle日本語入力の変換候補とサジェスト候補の一覧が表示されなくなって久しい。
やる気がある空いた時間を見つけることができなくてずっと放置していたけれど、解決のためにいじってみる。

Windows10のせいなのか、特殊な環境のせいなのか、といろいろ考えたけど・・・
そもそもインストールしてるものといえばVisualStudioくらいで他の常用アプリは環境移行や再構築が楽なように
インストーラとレジストリに依存しないタイプのものに限定して一つのフォルダに一元管理している。
ドライバーさえパッケージをばらして手動で入れるくらいで、どちらかといえばバニラ状態に近いという自信がある。

AppData下の3種dbファイルの削除や常駐プロセスの影響とか検証してみたけれどまったく関係がなかった。
変換候補の枠さえ表示されなくなるのがGoogle日本語入力2.19.2600.0からで、次の2.19.2680.0もダメ、
開発版の2.19.2690.100もまったくダメで2.17.2400.0に戻すと正常に表示される。
変換候補が表示されなくなった時期はちょうど2.19.2600.0が来たあたりなので環境的な問題よりは
Google日本語入力そのものの問題のほうが大きいと勝手に断定し、仕方ないので旧2.17.2400.0を常用中。

[解決法・・・というかダウングレード]
自分がとった方法なので責任は持ちませんが。
① Google日本語入力のアンインストール
② 再起動
③ 管理者権限でコマンドプロンプトを開く
④ sc delete gupdate と sc delete gupdatem を実行する(Googleの更新サービス削除)
⑤ 念のため %USERPROFILE%\LocalLow\Google\Google Japanese Input 内の boundary.db, cform.db, segment.db を削除
⑥ 下記より自分の環境に合う旧版をダウンロード&インストール
  http://dl.google.com/japanese-ime/2.17.2400.0/googlejapaneseinput32.msi
  http://dl.google.com/japanese-ime/2.17.2400.0/googlejapaneseinput64.msi
⑦ 再起動
⑧ Windowsの設定→時刻と言語→地域と言語→日本語[オプション]でGoogle日本語入力を選ぶ

これで旧版から自動更新されることなくGoogle日本語入力を使用可能。
GoogleIMEJaRenderer.exeだけ2.17.2400.0に維持しておけば最新版でも変換候補は表示されそうな気もするけど
検証と管理が面倒そうなのでパス。
新バージョンが出て全面的に解決されるまでの解決法として同じ症状に悩む方々に捧げよう。
スポンサーサイト

2016.10.26 13:38 | プログラム | トラックバック(-) | コメント(-) |

Windows10対応のSound Blaster X-Fi MB3 1.00.06(以下SBXFIMB3)がでてからしばらくになるけれど、
使う人によってはひどいと言える不具合があるため適当にバイナリをいじって常用している。

1.00.06ではOS起動時に自動で立ち上がるときの起動オプション "/r" がつくとWindows10のFastBootを意識してのことか
とても素早くSBXFIMB3が起動する。これは前バージョンの1.00.04とは比較にならない起動速度なのだけど、
そのせいかホットキーを検出するサービスが実行されないらしく、PCを起動したあとトレイから一回引き出してあげないことには
プロファイルの切り替えをキー操作でできないという大問題が発生した。

問題といえばもう一つ、Windows10のTH2からアニバーサリーアップデートを行ったときになぜかSBXFIMB3が
1.00.04に勝手にダウングレードされていたこと。Windows10に対応してないバージョンを強制的にいれてくるとか正気なのかな…
ちなみにWindows10上での1.00.04は対応するサウンドデバイスが検出できない深刻なバグが発生する。

というわけでパッチを更新して公開したので奇特な方は是非。
なお、同梱のDLLも不具合があったため新しい物に変更済み。
[1.00.04]/[1.00.06]
・短い音の末尾が途切れる問題の修正
・起動時のスプラッシュロゴを削除
・プロファイルの切り替え通知
[1.00.06]
・自動起動時にホットキーでプロファイルが切り替わらない問題の修正

ダウンロード

2016.08.18 17:59 | プログラム | トラックバック(-) | コメント(-) |

正月早々にInputWireをこっそり更新。
マクロの処理や他ライブラリのテストベッドとしていろいろいじったので設定も互換なし。
マクロにループ機能を持たせたんだけど今日いまさらながらにコレが寝マクロ可能なことに気づいてしまった・・・
といっても寝マクロするようなタイトルを遊んでるわけでもないけど。
使い手しだいとはいえ、マクロの扱いというのは一般の方からしたらどういう位置づけなんだろうなぁ・・・

img150108_00.png
マウスの相対座標移動やループを実装した図

そもそもマザーボードメーカーであるASUSの最新ROGシリーズにはKeyBotなる専用チップを乗せていて
繋ぐキーボードに依存せずマクロ機能を与えてたり、先日さわったSonicStudioのSonicRader(これもASUS)も同様に
Direct3D(あるいはオーバーレイ?)へ音が発生した方向を表示したりと徐々に行き過ぎ感が。

img150108_01.jpg
KeyBotチップ。マクロ機能を実現する専用チップをマザーボードが搭載するという時代・・・

汎用的に使えることを目的としたInputWireもそこまでとは言わないものの余り機能を付け足してはいけないのかも。
これに指定座標カラーピックと条件分岐でもつけようものなら完全にBOT運用じゃないか。
ソフトウェアのモラルというのは作り手にあるべきなんだろうか?使い手にあるべきなんだろうか?

2015.01.08 20:25 | プログラム | トラックバック(-) | コメント(-) |

以前の記事からお世話になっている Sound Blaster X-Fi MB3 なんだけども、気になる点が。
①起動するときに画面中央にロゴというかスプラッシュ画面が出る
②フォルダを移動するときの音など短い音が尻切れトンボになる
以上2点。
神経質といわれればそれまでだけど、自分にとってはどちらもいただけないものだったので
ついカッとなってsbxfimb3.exeにパッチしてスプラッシュ画面を消し、WrapperDLLをかませることで
あらかじめWASAPIを共有モードで開いて音が途切れる問題を抑えてみた。
ついでにホットキーでプロファイルを切り替えたときに切り替わったことを通知するバルーンがでるようにしてみたよ。

img141218_00.png
"ヘッドホン"と"スピーカー"を切り替える身としてはコレ大事。

そもそもSound Blaster X-Fi MB3を使ってる絶対数が少ないとは思うけど、自分だけが使うよりはと思い公開しよう。
このニッチさが変態チックでいいじゃないか。
ダウンロードは左上のメニューより。

2014.12.18 18:57 | プログラム | トラックバック(-) | コメント(-) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。