最近記事をぽろぽろと書き始めたのには理由がある。
10月末に難病指定の病気にかかってしまい、外に出ることが難しくなってしまった。
もともと世の中に対して不信感や疑心しかなく、未練がない身なのでさほどショックもなく
ただ淡々と自分というものを見つめる時間を過ごしているところ。

人と関われば良いことより嫌なことのほうが信じられないくらい圧倒的に多く降りかかってくるし
他人から言わせたら「こんな不運の招き方はマンガやドラマの中だけかとおもってた」と。
良かったこと、嬉しかったことを探してもほとんどみつからない。
たまたま買ったレモネードがとってもおいしかったとか、
遊歩道をすれ違う年配の方にこんにちはって言ったらにっこりと応えてくれたとか
つぶさに探しても本当にそれくらいしかない。多くは望まないけど。
小さな自己満足を積み重ねることでしか喜びや安息は得られない、それが僕の世界の真理。

今はもう頭をこねることしかできないので無心でソースとにらめっこしたりで
InputWireもその一環で出来上がったようなもの。次はネトゲ用タイマーに手をつけてみる予定。
評価されたいという欲がまったく無いわけではないけど製作物を大手で宣伝や配布することはせず、
まるで路地裏でひっそり営むそば処のように誰かの小さな喜びのためにニッチで変態なものを作っていきたい。
その自己満足がきっと自分を潤してくれるはず。

2014.12.04 14:10 | 日常 | トラックバック(-) | コメント(-) |

4~5年近く使ってきたイスの表面がボロボロになってきた。
座った状態から立ち上がって移動すると、イスの表皮が衣服にくっついてきて部屋のあちこちに散らばる。
表面は革っぽいPUレザーで体が触れない部分であっても加水分解が進んでボロボロに。
お掃除が大変だし張り替えができない安物なので新たなイスを探すことに。
いまのところ欲しいものはないし、特に食べたい物もない、特に行きたいところもない。
机にかじりつく時間は長いしお金をかけるなら・・・と良いイス探しを始めたのが先月末。

そして先週購入したのが知ってる人は知っているアーロンチェアさん。
新品で購入するほどの財力もないのでセコいけど中古品。
ヤフオクのアラートで安めの即決額がある記事が引っかかったので即購入。
Bサイズ フル装備 ポスチャーフィットで\58,000なり。新品だとアマゾンさんでも\150,000するという・・・
いざ届いた実物は2007年製、座面下のバナナクッションもポスチャーフィットもまったくといって劣化がなく
フレームやペリクル(メッシュ)にも傷がほぼない極上品で、想像を超えた状態の良さに大感激だ。

Myアーロンさん

アームは汚れがついて劣化してもらっても困るのでアームカバーをつけてみた。
専用カバーは足元を見るお値段なので28cmのアンクルソックスを使ったところ、これがまたジャストフィット。
アームの長さは約30cmだけど思ったより伸びてくれたのできれいに収まった。

そして問題はここから。一週間使ってみたけどお尻が痛い。ペリクルの反発力にお尻が負けちゃう。
一応ハンズで試乗はしたんだけれど長時間座った影響まではさすがにわからないわけで。
イスの良し悪しは人によるけれど、ここまで悪いイスでもないはずだ・・・というわけで調整を見直すことに。
各所のレビューや実際に使ってる方のお話を参考に思い切った調整をしてみると・・・
快適すぎる座り心地に劇的に変化した。信じられない違いだ・・・

重要な点は2つ。
かなり微妙な調整をして絶妙な設定を見つけないと天国にたどり着けない。
そして178cm54kgという細長体形の自分の場合であることをことわっておこう。
①座面右下にあるリクライニングの硬さをマイナス方向へ限界まで回しプラス方向へ10~20回まわす
 (最初の設定にもよるけど何十回と根気よくまわさないと限界に達しない)
②腰を下ろしたとき太腿の裏で体重の支えを感じるか感じないかという程度の高さにガス圧を調整する


リクライニングと聞くと車やリビングチェアのような背もたれの角度を変える機能だと思い込んでいたけど
その固定概念が悪さをして①の設定がおろそかになったのが主な原因だったようだ。
このイスの場合はお尻を座面にのせた段階でその重みで背もたれと座面が沈み込むようになっていて
体重が腰と背中と太腿に分散されてお尻が軽くなる。
なのでリクライニングの調整はできるだけお尻の重さで傾く程度の柔らかさにしないといけない
独特の浮遊感があるイスだとよく言われてるのをてっきりペリクルの反発感のことだと勘違いしてたよ・・・
柔らかいリクライニング機能が体全体を支える感じを浮遊感と呼んでいたわけだね。
脚がまるごと金属で結構な重さがあるから、深いリクライニングでも超安定。

前傾機能が便利だということで高い買い物だしフル装備を選択したんだけど、確かにキー入力や
マウス操作といった集中作業には背もたれがついてきて楽だと感じる。
しかし、この機能のために値段差1万2万を許容できるかというと自分の感覚ではノー。
極端に言えばリクライニングの硬さだけを調整できるシンプルなアーロンでも十分恩恵を得られそう。
アームの高さも前のイス(座面より21cm)にあわせると中央より2目盛り上の固定になるんだけど
固定アーム版は目盛り中央だからそれより低く、よほど低い机じゃない限りは干渉しないだろうし
スタンダード版やアーロンチェアライトでも十分だったかもしれない。物によっては4万を切って落札できると思う。
買っちゃったあとでなんだけどフンパツしすぎたかなぁと。後悔はしてないけどね。

どんなに良い物であっても使い方一つが生かしも殺しもすることを身をもって勉強できた。
アレコレいじれる買い物は楽しい。
そしてあまり多くの人が触れないであろう核心やちょっとしたことを簡易レビューとして起こすのも楽しい。
こういう生活もアリなのかもしれないなぁ。

2014.10.21 13:42 | 日常 | トラックバック(-) | コメント(-) |

最近UOネタに乏しいので日常のあれこれも記事に付けていこうと思い、
さくさくリンクさんに【UO】タグのフィルタリングをお願いしたり。
他ブログの方みたいにハッスルできるほど交友が広くないので、ほんとネタが見つからない作れない。
ただの不定期日記なので記事を書く必要性は全くないけど。

これから夏真っ盛り暑い日差しが続きそうなのに、そんな中でエアコンの室外機故障が発覚。
現在、マシンの排熱に耐えつつ扇風機のお世話に。すばらしい科学力だ。
時期が時期だけに電気屋さんもエアコン取り付けの予約がみっちりらしく、
ものすごい蒸し風呂状態になろうと、扇風機一つで耐えていかなくちゃいけない・・・
ヘルシーな蒸し料理になってしまうのも時間の問題。おいしく食べてね。


そういえばカップヌードルのCMだったかで初めて下の曲を知ったよ。

Jamiroquai - Virtual Insanity
100705_00.jpg


曲の感じといいPVといい、ものすごいインパクトで、とても14年前の曲とは思えない・・・
これを超えるPVって無いんじゃないかなぁ。個人的に。
「え、Jamiroquai知らないの?」
ってちょっと小馬鹿にされかけたので、相当有名な曲だったんだね((((;゚Д゚)))
お気に入りの曲なんてCMでしか出会えないものだとおもうよ・・・。
今回はそれがたまたまカップヌードルだっただけで。
ちなみにカップヌードルたべると100%お腹こわすので怖くて食べれませんヨ。

2010.07.05 20:05 | 日常 | トラックバック(-) | コメント(2) |