当初予定していた使い方が出来ずに困ったことになったXonarU7だけど
せっかく5000円出して買ったものなのでお蔵入り、というのを避けたい。
音だけはとても良いので無駄に終わらせたくないし・・・
ということでちょっと違う角度からいじってみる。


●仮想サラウンド問題の解決
U7には色違いのXonar U7 Echelon Editionなるものがあって
DHTv4とは別にSonicStudioが付属し、仮想サラウンドもサポートしているらしい。

img141108_01.jpg

部屋に置くと統一感が無くて浮いてしまいそうな迷彩柄。
機械的にはU7と同等なはずなのでEchelon用ドライバを無理に使うことは出来るはず。
インストーラを実行するとハードが見つからないと怒られるが、一時ファイルを取り出して
INFにハードウェアIDを追加、U7にインストールしたあと別途SonicStudioを入れる。

img141108_02.jpg

問題なく入ったはいいけど、パネル上部の出力表示と左の出力フォーマットの選択ができない。
仮想サラウンドも動作はしたものの、DHTv4より立体的でもRazer Surroundの足元にも及ばない感じがする。
それに加えて出力切り替え問題もU7と同じで根本解決にはならなかった。

次に試したのはCreative Sound Blaster X-Fi MB3。
マザーボードについてきたソフトで、仮想デバイスとして動作する。
出力先のデバイスにSound Blasterの実物とほぼ変わらない機能を与えてくれるスグレモノ。
極端に言えばどんなデバイスもSound Blasterとほぼ同等になる。
しかもこのSBXMB3、出力先のデバイスを見失うと他に使用可能なデバイスを即時設定してくれる!

img141108_03.jpg

ただ、XonarDXを使ってたときはうまく動作してくれなかった。そしてU7も同様。
Realtekのオンボに出力すると問題なく動くのにDXやU7だと音がおかしくなったり。
ASUS製のドライバのみに限って相性問題があるのかな?バッファサイズが違うんだろうか・・・
でもSBXMB3のサラウンドの処理はRazerやDHTv4やSonicStudioよりも素晴らしく、
不思議なことにDXのDolby Headphoneに最も近い印象を受けた。
できればこのSBXMB3を使っていきたいんだけどなぁ・・・


●切り替え問題の解決
さすがにSBXMB3で正常に音が出ないのはおかしい。
そりゃマザーボード上のサウンドデバイスにのみ制限されてる可能性もあるわけだけど・・・
ダメもとでU7のサウンドプロセッサ「CM6632A」のドライバを探して突っ込んでみた。
すると・・・SBXMB3が使えるではないかッ!!!
しかも驚いたことに本体の切り替えスイッチを押してもデバイス上は変化がなく切り替わる。
ヒーハー!!!これだよ、これこそ求めていたものなのだッ!!!
CM6631/CM6631A/CM6632/CM6632Aは共通のドライバらしいので、片っ端からいろんなメーカーの
ドライバを試しまくった結果、Emotiva XDA-2のドライバ(非Unified)がベストだと結論づけた。
ほかのドライバはことごとくマイクとライン入力が使えなくなってしまったけど
XDA-2のものだけ両方とも正常に認識し使用することができた。SBXMB3も問題なし。
DHTv4を使いたければINFを編集してくっつけてやればOK。ただSBXMB3と同時には使えないけど。

img141108_04.jpg


●そして今
SBXMB3+XDA2ドライバで快適サウンドライフを満喫中。
当初のXonarSwitch並みの一発切り替え・・・とはいかないものの、U7の切り替えスイッチと
SBXMB3のホットキーで事足りるので万々歳。
サウンドカードからUSBDACにするためだけにどうしてこんなに苦労したのかorz
いないとは思うけど同じような人の助けになればと記録をこうして残すのだ。


●おまけ
Sound Blaster X-Fi MB3は正しく設定しないと仮想サラウンドになってくれないので
導入手順と細かい注意点も書き残しておこうと思う。

1.Sound Blaster X-Fi MB3をインストール
2.再起動を促されるので再起動
3.SBXMB3のメイン画面右上の▼を押して再生デバイスの選択
4.上側は[Sound Blaster X-Fi MB3]を選択し、[デフォルトに設定]ボタンを押す
5.下側は出力に使いたいデバイスを選んで[OK]を押す
6.詳細設定でスピーカー/ヘッドホンの設定を実際使用している機器にあわせる
7.コントロールパネルのサウンドの設定から(5)で選んだデバイスを選択し、[構成]ボタンを押す【重要】
8.(6)と同じチャンネル数にする【重要】

どう重要なのかというと、(5)で出力先を選ぶとそのデバイスの構成が勝手に7.1chにされてしまう。
もし2chスピーカーを使っているのなら構成を2chに戻してやらないとサラウンド出力せずに
7.1ch出力のうちのフロント2つ分しか聞こえなくなる。
WindowsXP時代はOS側の設定を7.1chにすること前提で仮想サラウンドを実現するものが多かったけど
今は出力ch数を調べて処理してくれるのでOS側やSBXMB3側の設定は実機と同じにしないといけない。
そして再生するソフト側で7.1ch出力をするように設定すること。

また、DolbyさんとSBXMB3は犬猿の仲のようで、DHTv4をいれたりPowerDVDのオーディオコーデックで
Dolby関係を有効にしようものならSBXMB3のサラウンド化がなぜか無効化されてしまう。
自分の場合、SBXMB3を再インストールしてあげるまで回復することはなかった。

2014.11.08 17:24 | PC | トラックバック(-) | コメント(-) |