いまではよほどのマウスにサイドボタンがついている。
標準ではブラウザの進む/戻るに対応しているだけで他に使う場面はよほど無い。
かといってInputWireのようなドライバタイプを用意して活用するのも敷居が高いと思う。

今回は気まぐれでホイールクリックやサイドボタンにキーを割り当てられるものを作ってみた。
ドライバを使用しない簡易タイプで、管理者権限上で動作する。
ゲーミングマウス以外でもボタンにキーを割り当てられるようなソフトをメーカーが用意してることがあるけど
必要以上にごっちゃりしてたり、どんなマウスでも使えないともったいない。

img141213_00.png
今回作成したソフト、「Sidekick」

コピー&ペースト(Ctrl+C/Ctrl+V)を割り当てたり音楽プレイヤーのトラック制御を入れるとなかなか便利に。
ウィンドウを指定すると動作対象を限定することが可能。指定がないと全プロセスで有効になる。
なお、ホイール上下やチルトを含まなかったのはDirectX上ではその動作をブロックできないため。
キーは発動するけど元のスクロールをとめてくれないので面倒なことになる。
他にも似たようなフリーソフトがあるかもだけど、自己満足ってことで投げておこう。
[2016/08/09]
InputWireのドライバーレス化によってサイドボタンへのキー割り当てやプロセスごとの設定等、
完全に機能を内包する形になりましたのでSidekickの公開を停止します。
マウスボタンへのキー/ボタン割り当てをお求めの方はInputWireを使用してください。

2014.12.13 21:13 | プログラム | トラックバック(-) | コメント(-) |