ついにうちのDeathAdderさん(マウス)がチャタリングを起こし始めたよ・・・
鉄は熱いうちに打てということなのでチャタリング抑制ソフトを作ってみた。Chattering Blocker。
トレイに常駐してマウスおよびキーボードのチャタリングをブロックする。
なお、自分のチャタリングマウスをサンプルとして調整したので環境によっては効果が薄いかもしれない。
そもそもはInputWireに実装したもののスピンオフで、防止したいボタンやキーのみに特化したもの。
InputWireとの併用時はInputWire側のチャタリング防止をOFFにした上で防止対象に割り当てをしないこと。

img180527_01.png
メインウィンドウ

チャタリング防止ソフトといえば他にも2つほどフリーソフトで存在しているけど、それらは通知ブロックのために
グローバルフックDLLを使っている。そのため外部DLLの読み込みを許さない厚いプロテクトのプロセスには
効果が期待できない。(Battle EYEとかXIGNCODE3とかHackShieldとかのゲーム系)
また、タイマー精度を変更したりもするのでWindows全体に影響が及んでしまう。
Chattering Blockerは別の手段でチャタリング防止を行うのでどのプロセスにも効果が乗るはずだ。
そもそも自分が使えないと意味ないからね・・・

このソフトにホイールを指定した場合、ゆるゆるホイール対策としても動作する。
初動1カウントを破棄するようになるのでちょっとしたことでスクロールが暴発する場合にも有効だと思う。
管理者権限で動作するためWindowsと合わせて自動起動する場合は同梱のバッチファイルを使う。
詳しくはreadme.txtを読んで欲しい。

ダウンロード


[2018/05/29]
ファイルを新しいものに差し替えました。
OutputWireの影響でタイマー精度が上がっていたためメッセージ処理の調整に問題があったようです。

2018.05.27 09:55 | プログラム | トラックバック(-) | コメント(-) |