久しく公式にイベントがアナウンスされたので参加してきたよ。
イベント振興協会の理事秘書「ハル」さんが、連絡の取れなくなった見習いの「メソナ」を心配し、
冒険者に見てきてほしいとの依頼をするところから。

ブリ1銀は人だかり。
100124_00.jpg

参加した人の中からは「それくらい自分で見に行けよw」との声が結構あがってた。
でもイベントなんだから。なんか心無い発言まで混ざってたのは気のせいだろうか。

ハルさんにゲートで案内された先はおそらくTハルドゥーン。
シャドウロードとの決戦地とは離れた場所の模様。
目前には通路をふさぐ形でカラフルなゼリーが待ち構えていた。
100124_01.jpg

周辺には同じようにカラフルなスライムたち。
このスライム(Fruity Jelly)はその名のとおり食べることができるみたいで、
モリモリたべるとスライムの色とおなじゼリーの山が消えていく仕組みのよう。

設定がキツめだったのか、これだけの冒険者があつまってスライムをついばみ続けるも
なかなかきえないゼリーの山。たぶん、途中で帰った人も結構いるかも。
だいぶ時間かかったよ・・・
100124_02.jpg

開始から1時間ちょい、やっと最終地点に到達。
ダンジョン内に構える、いかにもアレな色の建物・・・
どうやらメソナの家に到着?なのかな。
100124_03.jpg

屋上でゆったりと構える、騒動の中心核「メソナ」さん。
怪しげな色の液体がナベの中でグツグツ。
なんでもゼリーを作ることに夢中になり、作りすぎてしまったそうな。
作りすぎでゼリーがスライムになることなんてあるんでしょーか先生。
100124_04.jpg

家の趣味もさることながら、二階には怪しいスタチュー。
裸にピンクオークマスクとホワイトプレート。妙に生々しい・・・
100124_05.jpg

一階のタンスの中にはカラフルなオークマスクのコレクションが。
どんだけオークマニアなんですか・・・
100124_06.jpg

これらについてメソナさん曰く、
100124_07.jpg

こういうオチなんだね。
結局、メソナを発見した冒険者たちはこの台詞を耳にした後帰っていくわけだけど、
帰っていく冒険者の数人が「こいつ殺したいw」と言っていたよ(笑
個人的にはハルと同様、メソナもGMさんに操作、発言してもらいたかったなぁと思う。
到達までが大変だったのに、キーワードに反応するだけの無機質NPC一体が鎮座というのは
ちょっと残念。

2010.01.24 14:15 | UO | トラックバック(-) | コメント(0) |










※投稿されるコメントは管理者の承認後表示されます